3Dフードプリンティング

山形大学が開発した、世界唯一の方式を採用する3Dフードプリンターを用いて、サステナブルな材料(フードインク)と、それを使用した革新的なメニューを開発します。食材に合わせたメニュー開発のコンサルティングも行います。

XR×食

3Dフードプリンターで造形されたメニューと、空間コンピューティングを融合。科学者とシェフ、CGデザイナーがコラボレーションした新たな食体験を生み出します。エンターテイメントのみならず、病院食や介護食の分野にもこの技術を活用し、食の分野で、誰一人とりのこさない世界を実現します。

ヘルスケアフード

病院食・介護食などのヘルスケアフード分野に3Dフードテックを用いることで、個人のニーズに合わせて固さや成分が調整された、見た目にも楽しいメニューを自動的に製造し、提供できる環境を作ります。